婦人

システム活用で業務をスピーディーに!グループチャットの利便性

増えるクラウド管理

オフィス

勤怠管理のクラウド対応製品の動向

勤怠管理をクラウドでシステム化する企業が増えている。中小企業は、タイムカード、出勤簿で手動管理している企業も多く、勤怠管理をシステム化するとなると、社員情報、勤務パターン別にマスターデータの振り分けをする。実際の勤務時間を給料に反映する場合、ある程度の規模のシステム開発が必要だった。しかし、近年は、人事・給与・就業フローといった業務のアウトソーシング化が進んでおり、勤怠管理のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスがかなり普及している。また、営業マン等外出する社員も増え、営業マンが利用できるクラウド対応の勤怠管理のASPサービスが特に増加している。クラウド機能によって、勤怠管理以外の給与計算システム等と連動できる製品もある。

価格体系とより高度な技術の普及に関して

クラウド対応の勤怠管理システムは、低価格でシステム導入が可能である。1ユーザあたり月額利用料金が300円以下の商品もあり、中小企業にとって導入しやすい価格体系になっている。また、最近は、高度なセキュリティ機能が搭載されている勤怠管理システムもある。例えば、生体認証の一つである指静脈認証を実装している製品がある。生体認証は、サーバールーム、高セキュリティルームでよく利用されている技術で、この機能により安全な勤怠管理が実現可能である。私は、勤怠管理は社員の個人情報、時間を管理・把握するという点、給料と結びつくという点で、非常にデリケートで厳密でなければならない業務だと感じている。今後、更にセキュリティ面の強化、クラウドによる機能の拡充を期待している。

いざという時はグループチャットで確認

クラウド対応の勤怠管理システムなら、正確な時間帯で社員の出勤退勤を計測できます。しかし、場合によっては、勤怠の押し忘れが発生します。その際には、席を離れて確認するよりは、グループチャットを使って、出勤の有無をチェックするのが効率的です。

勤怠管理の自動化とは

会社

勤怠管理システムの価格は意外とリーズナブルな場合が多く存在します。そのため以前はタイムカードで行っていた退勤管理もシステム化して自動化する動きが盛んです。最近は専らクラウドを利用したタイプが多く存在します。

詳しく読む

給与計算システムとは

計算

給与計算システムを導入するとまず人員の手間を省くことが可能で、その分別の業務の進捗を進めることが可能です。特に高いシステムというわけではないため最近ではこのシステムを導入している企業は多く存在します。

詳しく読む

地震速報への取り組み

ネットワーク

地震大国の日本では地震速報に関しては様々な取り組みが行われていて、地震があれば直ぐにその情報を知ることが出来ます。テレビは勿論最近ではスマートフォンや携帯電話などでも大きな地震があればアラームがなるので、社内に設置していた方が良いです。

詳しく読む